FC2ブログ

2018.09.07 (Fri)
こんな経験二度とないと思うのでちょっと書いておこう。
朝3時の揺れは当然寝ていたので気づくはずがない。ただ、なんとなく起きて、電気消えてんなぁくらいには曖昧な記憶がある。
なにせ住んでいるのが北海道でも北の方なので、震度は3くらい。それでも結構起きた人は居たみたい。すぐに電気が止まったけど水は出た。水が出たたけでも感動し、お風呂に水を確保した。まぁ断水には至らなかったけど。
すでにその時間にコンビニに直行した人が居たらしく、朝目覚めて出勤前に寄ったコンビニは全滅だった。かろうじて開いたばかりの病院内ローソンにまだカップ麺とかあったので、家族に電話を残して出勤。親が行った時にはすでにカラになっていた。
我が家にはコンセントありきのラジオしかなく、テレビダメ、ネットは8時くらいに繋がりにくくなって情報なし。そんで職場には売り場用のラジオがあるので聴きに行くつもりで出勤した。車でちょこっとラジオ聞いたけど丁度音楽かかっていて情報は得られなかった。

すでに社長も同じ考えで俺より先に出勤していて、真っ暗な中ラジオ聴いていた。
さっさと店閉めるって言えば良いのにどうしよどうしよ行ってるからホントにアホかと思うわ。結局11時に閉店したけど、この時間じゃ買い物に行けんのよね。隣の会社の人にラインで札幌から送られてきた写真見て驚愕してしまった。かなりの被害じゃんかよ。
で、帰りにスピーカーなしのラジオが一つ辛うじて残っていたのを買って帰った。っていうか僅かな時間で当社に買い物に来た奴何考えてんの。役所にも何人も行ったらしいし、業務できないの分かれや。

職場が商店街の中にあるので、商店街を通って帰るんだけど、信号は消えているのにバンバン我が物顔で車走らせる奴がいるのにはあきれた。蹴り飛ばしたいね。
真っ暗なヒャッキンの中にメッチャ人押し寄せていて、ゾンビがデパート襲撃したみたいな雰囲気で忘れられない感じ。

結局我が家は火力ではなく水力発電だったらしく、正午前に電気が復旧。水はもともと出るので元の生活に戻りました。電話は繋がりにくかったけど問題ナッシング。大正義病院が近くにあったおかげで助かりました。
復旧が遅いところは42時間くらい停電だった訳で我が町は。ほんとに立地が良いところに住んでいて良かった。



なんにせよ、停電の朝、情報が入ってこなくて広報車が「停電~停電~」言っているのしか分からんってのと、備蓄求めて市内を彷徨う人の群れは忘れられんな。
これ+地震の被害にあった札幌近郊は本当にヤバイ。黙祷。推敲ナシ。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://mozousi.blog.fc2.com/tb.php/682-354de774
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top